末廣 夏 純米吟醸 / ぷちぷち

lisa1607

皆様こんばんは。fukunomoの松岡です。今回皆様にお届けいたしましたお酒は、会津―いえ、文字通り福島を代表する酒蔵である末廣酒造様から「末廣 夏 純米吟醸」と「ぷちぷち」です。

 昔から「夏越の酒」という言葉もある通り、日本酒は暑い夏を越していく中で熟成が進み味を変えていきます。夏向きのお酒というとキリッとすっきりさっぱり、みたいなものを思い浮かべますが、実のところとろんとした、熟成香のあるのが夏の日本酒の姿です。

 酒オタクはそういうのが大好き、そして熟成酒の権威である末廣さんもそういうのが本当はお好きなのでしょうが、fukunomoは初心者の方にも安心してお召し上がり頂けるお酒をモットーにしています。おいしくてもオタク向きはちょっと……。事実、夏は日本酒が売れない季節という認識が酒造業界にはあります。

 しかし、「夏にも日本酒を飲んでもらいたい」という気持は末廣さんもfukunomoも一緒。見た目にも爽やかなお酒をということでご用意いただいたのがこちらです。

 吟醸酒らしい甘い香りと柔らかい口当たりながら、アルコールの温かみとすっきりした後味。うん、そう、こういうのが僕たちの求める夏酒なんだよ! さすが、日本酒王国福島で番を張っている酒蔵のお仕事です。末廣さんらしい辛味を示しつつも安定感がすごい。一方、泡の強さと酸味・甘みのバランス調整に数年を要したという「ぷちぷち」は大人のラムネ感覚で飲める、どこか懐かしい味わいです。

 アルコール度数はやや低めなのでゴクッとのど越しも楽しめます。夏の入り口、駆けつけの一杯として、どちらもよく冷やしてお召し上がりください。

【飲み方のポイント】

どちらもさっぱりした軽い味わいが特徴のお酒です。よく冷やして、ワイングラスで飲むのがおススメです。お好みでオレンジジュースやパイナップルなどを加えても、カクテル感覚で楽しめます。

fukunomoに申し込む